三味線演奏者、アーティスト一覧

三味線演奏者、和のイベントパフォーマー一覧

野澤松也
19927_190080514659561_4744455322254668114_n

重要無形文化財総合指定保持者。

1955年 広島市生まれ

1969年 母の勧めで三味線を始める(当時一四歳)

1972年 国立劇場第一期文楽研修生になる

1974年 研修終了。野澤松之輔の内弟子となる。同年四月、国立劇場文楽公演で初舞台
1979年 松竹歌舞伎に入る。国立劇場『仮名手本忠臣蔵』で歌舞伎の三味線方として初舞台
2004年 『創作浄瑠璃の会』設立。創作浄瑠璃の弾き語り活動開始

現在、松竹歌舞伎(東京 歌舞伎座、京都南座、等)で演奏。同時に、国立劇場研修生講師も務めるなど、演奏家として活動中
舞台を務める傍ら、ライフワークとして、昔話や民話、土地に伝わる話等を浄瑠璃風にアレンジした作品に作曲し、弾き語りで伝えている

創作浄瑠璃 『広島咲希望花カンナ』、『友情泣赤鬼物語』、『送り拍子木』、『艶姿女舞衣』、『降積雪六傘地蔵』など

野澤松也への出演お問い合わせ・ご依頼はこちらです。

・・・・

160116-169s

常磐津齋櫻(ときわず さいおう)

常磐津協会正会員。常磐津齋蔵師匠に師事。演奏活動及び普及、指導にあたる。
2007年 東邦音楽大学エクステンションセンター三味線基礎講座(監修:常磐津齋蔵)講師。
2007年 文化庁支援事業こども踊り教室外部講師。
2010年 第6回向嶋をどり出演
2010年~中学校巡回古典芸能鑑賞教室「日本の調べ」出演
2014年 東京都中央区銀座に稽古場を開く
2014年 出版「In Red & Glow わたし流着物のある暮らし」掲載
2015年 東京都中央区日本橋人形町に稽古場を開く
2015年 テレビ「謎解き!江戸のススメ」(BS TBS)出演、弾き語り演奏及び片岡鶴太郎さんへの三味線お稽古
2015年 ラジオ「ブルーオーシャン」(FM TOKYO)出演
2016年 出版「文部科学省検定済教科書中学校音楽科用教科書 音楽のおくりもの」掲載

「お座敷に遊びに来たみたい!食べるのも飲むのも忘れ聞き入っちゃいました

今日は舞台なので、ぐっと艶やかなグリーンと金糸お帯。映えます。艶やか~~。

女の私でもうっとりします」

常磐津齋櫻の演奏は、華やかな演奏と、演奏の合間の楽しいお話しが好評です。

非日常の空間で特別なお客様のおもてなしにもぴったりです。

日本料理店、ご接待、ご宴席、パーティーなどでの三味線演奏ご依頼を受けております。

常磐津齋櫻の三味線演奏の演奏依頼・出演サポートは和のイベント企画・制作(相談役:高部克二、マネージャー:田原)が行っております。

常磐津齋櫻への三味線出張演奏依頼、出演、お問合せはこちらです。

・・・

和のパフォーマー:三味線&書道ユニットさくらひめ

DSC05301-400

さくらひめは、和の伝統芸能パフォーマーです。

三味線演奏者の常磐津齋櫻と書家Masayoによるユニットです。

三味線の音色に合わせて、書家が様々な作品を書き上げていきます。

160227-087s-400

「太鼓とお三味線と書道のコラボ。うっとりと和の時間に浸ることができました。

外の川の流れもよく、景色もお天気もサイコーでした。

ひととき、日常から解き放たれて、楽しい時間を過ごせました。」

三味線音楽に合わせて、書が書き上げられていく様子をライブで体験できます。

出版イベント、屋形船イベントなどでのパフォーマンスが好評をいただいております。

三味線&書道ユニットさくらひめへのお問合せ、出演依頼はこちらです。