9月の人形町・怪談浄瑠璃ナイトを開催しました

● 9月の人形町・怪談浄瑠璃ナイトを開催しました

こんにちは。常磐津齋櫻(ときわずさいおう)です。

9月の人形町・怪談浄瑠璃ナイトを開催いたしました。雨が降ってより一層怪談気分が高まる中、怪談浄瑠璃ナイトをお楽しみ頂きました。

怪談浄瑠璃ナイト、友人たちもとても喜んでおりました。

お一人でご参加のお客様。お友達と一緒に聴きにいらしたお客様。お集りの皆さんが怪談浄瑠璃をお楽しみくださいました。

dsc00534-400

9月の人形町・怪談浄瑠璃ナイトでの演奏の内容は、以下の通りです。

・福禄童を買い請むとせむ事

作家、平山夢明先生の原作を浄瑠璃化した作品です。お客様によって、印象が違うようです。聞き手や読者の想像力をそそるのが、平山先生の作品のすてきなところです。

いつもの、こわうつくしさがさらにバージョンアップされて福禄童と滝夜叉姫が目の前に浮かび上がるようでした。

近いところでは恋愛浄瑠璃ありますが、そのあともぜひ毎月お願できたらと思います!浄瑠璃ファンはさらに増える予感いっぱいです!

コワさの中にしっとりとした感じがあって好きでした。

三味線を始めてお聞きしましたがとてもすばらしかったです。またお聞きしたいです。

福禄童の不気味さがとても好きです。

img_4141-400

・今宵のような

短くて、かわいらしい俗曲です。曲の中には、真っ黒お化けと真っ白お化けが出てきます。

こんなにかわいいお化けの曲があるなんてびっくりです。

お化けの曲なのに、聞いていてウキウキします。

生の三味線を初めて聞きました!

音楽としてだけでなく、効果音としても使っているのが面白かったです

・おいてけ堀

事前の予定外だった曲、「おいてけ堀」も追加で演奏いたしました。日本の昔話「置いてけ堀」がベースになっています。「置いてけ~!」のフレーズが耳に残る曲です。

語り三味線の生ライブは初めて聞きましたが、歌の伴奏だけでなく、時に効果音になり、時に声!になったり、

衝撃的でした。

特においてけ掘は、面白くて怖かったです

おいてけ堀が楽しいのにゾッとする恐さがありました。

img_4137-400

・忍寄恋曲者(しのびよるこいわくせもの)

通称では将門、と呼ばれています。常磐津節の代表曲です。曲の中に、蝦蟇の妖術が出てくるのです。怪談にピッタリの古典曲、と選びました。普段より怪談めいて演奏しました。

初めての体験ですが楽しかったです。名前の三味線の音は迫力があって素晴らしいですね!!

曲を聴きながらシーンをイメージするのが楽しかったです。

このイメージは人それぞれなんだろうなぁと。感想を言い合うのも楽しいんでしょうね。

しっとりと色気があったり、勢いがあったり、色んな音が響いて魅力がさらに増しました。

また違う語りもききたいです!

20160924-1-400

人形町の三味線弾き語りの会では、演奏者と近い場所で三味線の弾き語りを楽しめます。

曲に関わるお話も聞きながら楽しめますから、三味線を聞くのが初めてでも安心です。事前の予備知識がなくても、来てその場で楽しめますよ。

その回ごとにいろいろなテーマの曲をお楽しみいただけます。8月、9月は怪談をお楽しみいただきました。次回の10月は、恋のお話です。

江戸女性の恋物語を三味線弾き語りでお楽しみいただます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加